• HOME >
  • 中央大学のグローバル人材育成

01 ABOUT

中央大学のグローバル人材育成

  • 自分と違う、世界。世界と違う、自分。多様さを受け入れるということ。1885年、東京で18人の若き法律家たちが「英吉利法律学校(English Law School)」を創設した。彼らが目指した“実地応用に優れた人材の育成”の精神は今もなお、中央大学に受け継がれている。
  • ゆたかな知識と 経験という種が、グローバルな花を咲かせる。社会・経済を発展させる「知識」に国境はない。グローバル化する知識基盤社会で問われる「国際通用力」を高めるために、私たちができること。
  • もっと、ずっと、身近にある“世界”。全ては、つながっている。高度化する社会のニーズにどれだけ応えられるか。必要なのは国際的な視野と経験から生まれる問題解決力、そして、グローバルなコミュニケーション能力。
  • 偶然の成功よりも、成長。失敗は成長につながり、その経験が成功へと導く。グローバル・パーソンになるために、国際社会の中に身を置いて主体的に学び考えること。自らの経験と、そのプロセスが重要なんだと思う。
  • 成績じゃなく、志の高さが重要だ。自分があれば、揺るがない。今の自分に必要なもの、そのために挑戦すべきこと。まずは行動に移すことが、グローバル・パーソンへの第一歩。機会はいくらでも、つくれるはず。
  • GO GLOBAL 次は、私の番だ。あなたが活躍できるグローバル・パーソンの道がある。中央大学で学んだ知識と教養、身につけた技能、そのすべてを「行動する知性。」に変えて、世界へはばたこう。
中央大学の前身「英吉利法律学校」の創立者である18人の若き法律家たちは、実地応用に優れたイギリス法の教育から日本の近代化を目指したグローバル人材でした。彼らの建学の精神を引き継ぎ、中央大学では実学教育をベースとした学修体制を構築。大学卒業後にグローバル社会で活躍できる能力を養う教育を、全学的に展開しています。
ご挨拶
中央大学におけるグローバル人材育成について、学長、国際センター所長、実施責任者よりご挨拶を申し上げます。
 
中央大学のグローバル戦略
中央大学がグローバル人材育成に取り組む背景や、受け継がれる建学の精神、実学教育についてお伝えします。
文部科学省によるグローバル人材育成支援
本学のグローバル化推進事業が、文部科学省「平成24年度グローバル人材育成推進事業」に採択されました。
 
動画紹介
グローバル人材の育成に向け、本学では多様な取り組みを行っています。これらの一部を動画でご覧いただけます。
冊子「GO GLOBAL」
学生向け冊子「GO GLOBAL」を、PDF版でご覧いただけます。留学制度、語学講座、施設等をご紹介しています。