01 ABOUT

文部科学省によるグローバル人材育成支援

文部科学省「平成24年度グローバル人材育成推進事業」のタイプA(全学推進型)に、
本学のグローバル人材育成推進事業が採択されました。


文部科学省は、グローバル化に向けた体制整備を推進する各国公私立大学の事業に対し、重点的に財政支援する「グローバル人材育成推進事業(平成26年度より『経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援』に名称変更)」を、平成24年度に始動しました。若い世代の「内向き志向」を克服し、国際的な産業競争力の向上や国と国の絆を強化する基盤として、グローバルな舞台で積極的に挑戦し活躍できる人材を育成することを目的としています。

本学は文部科学省「平成24年度グローバル人材育成推進事業」(事業期間は最大5年間)の公募に対し、【タイプA(全学推進型)】に採択されました。

【文部科学省公式Webサイト】
平成24年度「グローバル人材育成推進事業」の採択事業の決定について

今日の社会においては、国の内外を問わず、グローバルな視点をもって活躍できる人材が求められる場面・局面が極めて多様化しています。こうした多様性に応える人々を社会に送り出すことは、単なる表面的な技術教育に留まらない「実学」教育の伝統をもつ総合大学たる本学の社会的使命です。

採択された中央大学グローバル人材育成推進事業は、本学の建学の精神である「實地應用ノ素ヲ養フ」の下、グローバル社会で活躍できる能力涵養を学部学修の段階から可能とすることを目的として、学生の様々な学修機会の拡大と質的向上をはかる「グローバル化推進支援プロジェクト」の取り組みと、これらを支える基盤整備の取り組みから構成されています。この基盤整備の取り組みには、教職員の教育・支援力強化といったソフト面、学生が国籍・人種・性別・文化などを超えて集うことのできるインターナショナル・ラウンジや生活を共にできる国際寮の設置・充実などのハード面の双方が含まれています。

キャンパスのグローバル化をはじめとして学修・教育環境を整備するとともに、新たな方法論に基づく様々な留学プログラムを導入し、また本学の伝統を活かした教材・教育方法・カリキュラムの開発・革新などの取り組みを通じて、本学に集う学生が、多様にグローバル化した場面でその力を発揮できる素養を身につけられるよう、全力で教育・支援を行います。
 

中央大学グローバル人材育成推進事業の推進体制について


事業の推進にあたり、本学では6つのワーキンググループ(以下、WG)を設置し17のプロジェクトを推進しています。

I. カリキュラム改革及び教材開発WG
[関連するプロジェクト:1. 教育プログラム開発プロジェクト 2. 専門科目を外国語で教えるための教材開発プロジェクト 3. 外国語力強化プロジェクト 4. 外国語熟達度測定外部テストプロジェクト]

II. 海外大学及び国際機関との連携推進WG
[関連するプロジェクト:5. 海外大学等との連携推進プロジェクト 6. 国際機関,国際学術団体等との連携推進プロジェクト 7. 海外拠点設置検討を含む留学・海外調査支援プロジェクト]

III. イベント及び国内他大学連携WG
[関連するプロジェクト:8. 国内の他大学との連携推進プロジェクト 9. 国際化イベントプロジェクト]

IV. グローバル指標の開発及びG-C-Compassの開発WG
[関連するプロジェクト:10. グローバル評価指標の開発プロジェクト 11. G-C-Compassの開発プロジェクト]

V. 広報WG
[関連するプロジェクト:12. グローバル人材育成推進事業WEBページ開設プロジェクト]

VI. インフラ整備・FD・SD・自己点検評価WG
[関連するプロジェクト:13. インフラ整備プロジェクト 14. グローバル人材育成のためのFD・SD推進プロジェクト 15.学内向け冊子「グローバル人材になろう」作成プロジェクト 16.グローバル人材育成推進事業自己点検・評価プロジェクト 17.「中央大学国際教育研究」(仮題)発行プロジェクト]