• HOME >
  • イベント >
  • ミュンヘン大学法学部教授をお招きし法学部講演会を実施します(共催:大学院法学研究科・一橋大学EU法研究会)

EVENT

ミュンヘン大学法学部教授をお招きし法学部講演会を実施します
(共催:大学院法学研究科・一橋大学EU法研究会)

2018年03月13日

日程 2018年4月6日(金)16:00~
場所 多摩キャンパス 2号館5階2564教室
講演者 Rudolf Streinz (ルドルフ・シュトラインツ)氏
ミュンヘン大学法学部教授
内容 EU法の現状と課題
対象者 どなたでもご参加いただけます(使用言語:英語/逐次通訳有り)
参加費 無料
参加手続き 参加手続き等はございません。当日、直接会場にお越しください。
海外からの講師をお迎えして、法学部講演会を実施します。

Rudolf Streinz氏はEU法研究の権威です。講演では、EU法の全体像をわかりやすく解説したうえで、EU法が抱える問題点を分析し、将来のあり方を展望します。

本講演会は、大学院法学研究科・一橋大学EU法研究会との共催です。また、どなたでもご参加いただけます。

皆さま奮ってご参加ください。

前へ

次へ