• HOME >
  • イベント >
  • インターナショナル・ウィーク【経済学部】特別公開授業「国際開発論」(林光洋)途上国開発の現場:ウガンダ、ナイジェリアにおける技術協力の事例から

EVENT

インターナショナル・ウィーク【経済学部】特別公開授業「国際開発論」(林光洋)途上国開発の現場:ウガンダ、ナイジェリアにおける技術協力の事例から

2019年10月25日

▲クリックすると拡大します

 経済学部/FLP国際協力プログラムの林光洋ゼミが企画する特別公開授業を開催します。
講師に、株式会社JIN 石川 渚(いしかわ なぎさ)氏(中央大学経済学部2009年卒業)をお迎えします。

 日本の開発コンサルタントから、サブサハラ・アフリカ地域の途上国で実施している開発事業を紹介します。ウガンダの生計向上支援プロジェクトとナイジェリアの栄養改善プロジェクトを事例にして、現場でどのような技術協力を行っているのか、それらが途上国の開発にどのように貢献しているのか、開発コンサルタントとはどのような仕事なのか等についてお話しします。

 なお、当講演会は、学生の知的好奇心を喚起するとともに、より活気あるキャンパスを実現することを目的とした行事「インターナショナル・ウィークの一環として行います。経済学部「国際開発論」の公開授業ですが、学部・学年問わず、聴講できます。関心のある皆さんの参加をお待ちしています。

 
   ● 日 時:2019年12月10日(火)3限目(13時10分~15時)
   ● 場 所:多摩キャンパス7号館 7102教室
   ● 講 師:株式会社JIN 石川 渚(いしかわ なぎさ)氏(中央大学経済学部2009年3月卒業)
   ● テーマ:「途上国開発の現場:ウガンダ、ナイジェリアにおける技術協力の事例から」
   ● 対 象:学生(学部、学科、学年を問いません)
   ● 参加方法:直接、教室にお越しください。
 

お問い合わせ先

中央大学 国際センター
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
TEL 042-674-2211
■メールでのお問い合わせはこちら

前へ

次へ