NEWS

第42回ランチ&トーク「国際取引法制におけるUNCITRALの役割」開催

2013年6月20日

参加者が昼食をとりながら、タイムリーかつ専門性の高い内容の講演を聞き、講演後に質疑応答を行う法科大 学院の「ランチ&トーク」。第42回となる今回は、UNCITRALアジア・太平洋地域代表のLuca Castellani氏を講師に招き、「UNCITRALの基本的特徴と実務における重要性」をテーマにお話いただきました。

UNCITRAL(United Nations Committee on International TRAde Law)は、国連国際商取引法委員会のことで、国境を越えた取引に関わるルールについて、各国の法制度の違いをそのままに整備する目的で1966年に国連 総会で設立が認められたものです。

近年、企業は統合されたビジネスモデルから、サプライ・チェーンを通じたアウトソーシングに基づくネットワーク・ベースのビジネスモデルへと移行しています。これに伴い、国際的商取引が増加し、各国間における統一法規制の適用が求められるようになりました。

日本においても、1958年に外国仲裁判断の承認および執行に関する条約(ニューヨーク条約)を、1985年にUNCITRAL商事仲裁モデル法(2006年改正)を、1980年に国際物品売買契約に関する国際連合条約を採択しています。

Luca氏は、これらについて具体的にどのような法律であるかを説明。「国際商取引において は仲裁が紛争解決手段の一つとされ、統一法規制の重要性が増しています。UNCITRALでは、これまで24年にわたってさまざまな国際的法規則を制定し ています。詳細についてはUNCITRALのサイトもぜひご覧ください」と締めくくりました。

当日の参加者は、法科大学院の学生、教員合わせて約50名。UNCITRALアジア・太平洋地域代表による貴重な講演とあって、皆、熱心に耳を傾けました。

概要

日時:2013年6月13日(木) 12:05~12:50

場所:市ヶ谷キャンパス

言語:英語

タイムスケジュール:12:05~ 講師・演題の紹介
          12:07~ ショート・スピーチ
          12:40~ 質疑応答
          12:50  終了

参加資格:中央大学法科大学院 学生および教員

国際的商取引における統一法規則の重要性について説くLuca氏

国際的商取引における統一法規則の重要性について説くLuca氏

講演後は、福原学長も参加しての懇親会が催された

講演後は、福原学長も参加しての懇親会が催された

講師プロフィル

Luca Castellani 氏

国連国際商取引法委員会アジア太平洋地域センター(韓国、仁川)代表。国連では、アジア太平洋地域法律アドバイザーグループにおいてペーパーレス取引専門 家ネットワークのメンバーでもある。トリノ大学法学部卒業後、トリエステ大学にて比較法博士号を取得。さらにニューヨーク大学にて国際法修士号取得。国際 売買、電子商取引、途上国の通商法制に関する著書多数。
Luca Castellani 氏