• HOME >
  • ニュース >
  • 【キャリアセンター主催】2013年度企業訪問プログラム@L.A&上海体験報告会

NEWS

【キャリアセンター主催】2013年度企業訪問プログラム@L.A&上海体験報告会

2013年11月19日

11月16日(土)、キャリアセンターにて、今夏にL.Aと上海で実施された企業訪問プログラムの参加者11名(L.Aプログラム3名、上海プログラム8名)による体験報告会が実施されました。 

この報告会の目的は、企業訪問プログラムの体験を一過性のイベントとして終わらせるのではなく、学生生活において意義のある経験として認識を深めることにあります。 

3時間半のグループワークの中で、「言語化(体験を振り返り、それを整理し、他者へ伝える)」 、「顕在化(他のインターン経験者の“気づき”から学ぶ)」 、「深化(体験を自分の中で深める)」を意識して繰り返すことで、自分らしさ(自分の長所、強み)とは何かを能力の面から確認します。

具体的には、2グループに分かれて、下記の流れで各自が報告を行いました。

1.グループワーク①「取り組みを振り返る」
  参加目的とその内容、成果について端的にまとめて伝える

2.グループワーク②「コンピテンシーに落とし込む」
  自分の強みとして発揮できたことについて、コンピテンシーをベースに落とし込み、今後の行動計画を表現する

最後に、グループで話して感じたことや、それを通して学んだこと、今後に活かしたいことなどを全員が発表しました。 
発表では、「他の人に自分の言葉で話すことで、新たな気づきをえることができた」、「他の人の話から、自分の学びの振り返りになった」、「他の人の話を聞いて刺激になった」という意見があり、得るものの多い会となりました。

グループワーク

グループワークを通して、自らの体験を振り返り、今後の行動に繋げていく

メッセージカード

グループワークの合間には、自分の両隣りの発表者に対して、「ここが良かった!」というメッセージを書いて渡す時間も設けた

前へ

次へ