• HOME >
  • ニュース >
  • 二輪車・四輪車で知られる『スズキ』の代表取締役会長兼社長・鈴木 修氏が多摩キャンパスで本学学生に講演

NEWS

二輪車・四輪車で知られる『スズキ』の代表取締役会長兼社長・鈴木 修氏が多摩キャンパスで本学学生に講演

2015年05月18日

 2015年5月14日(木)、スズキ株式会社の代表取締役会長兼社長・鈴木 修氏が、商学部・経済学部が中心となって開講している「中央大学・産経新聞寄付講座」で講演するために多摩キャンパスを来訪しました。
講演中の鈴木会長兼社長

↑講演中の鈴木会長兼社長

  講演前には本学の深澤武久理事長、神﨑茂治常任理事、林 勘市常務理事、酒井正三郎総長・学長、高橋豊治商学部教授と経新聞東京本社の蟹江 達編集企画委員を交えて懇談。鈴木会長兼社長は「中央大学 箱根駅伝を強くする会」会長を務めており、駅伝の話などで活発な意見交換がなされました。

  8号館8304号室で行われた講演では、鈴木会長兼社長はスズキの歴史や自身の経験を語り、現代社会における大企業を新たに定義。資本や利益の大きさではなく“利益率”の高い会社が大企業であるとして、「世界シェアを占める部品を作っているような、固有の技術を持つプライスリーダーこそ、大きな会社だと私は思う」と述べました。また、スズキがインドで急成長を遂げた道のりを踏まえながら、「“運”は運ぶと書く。運がよくなるためには、自分で運を運ばなければいけない。じっと座っていても運ばれてこない」と、学生にエールを送りました。

 鈴木会長兼社長の歩みについては、グローバル・パーソン インタビューでも紹介しています。
総長室での懇談の様子

↑総長室での懇談の様子

鈴木会長兼社長を囲んだ記念撮影

↑鈴木会長兼社長を囲んだ記念撮影

懇談中の鈴木会長兼社長

↑懇談中の鈴木会長兼社長

鈴木会長兼社長と高橋教授

↑鈴木会長兼社長と高橋教授

酒井総長・学長と鈴木会長兼社長

↑酒井総長・学長と鈴木会長兼社長

中央大学・産経新聞寄付講座の様子

↑鈴木会長兼社長が講演した中央大学・産経新聞寄付講座の様子

スズキの展示車を見学する学生たち

↑1号館前にはスズキの自動車が展示され、学生たちが見学した

前へ

次へ