• HOME >
  • ニュース >
  • 【法学部生対象】2015年度「アクティブ・ラーニング海外プログラム」参加者募集!

NEWS

【法学部生対象】2015年度「アクティブ・ラーニング海外プログラム」参加者募集!

2015年05月27日

法学部では、2014年度から、専門総合講座(事前授業2単位、海外研修2単位)として、「アクティブ・ラーニング海外プログラム:多文化主義・人権・市民社会(シドニー)」を開講しています。

下記日程でガイダンスを実施しますので、興味のある法学部生はぜひ参加してください。

■ガイダンス日程
5月29日(金)、6月8日(月) 12:35~13:15 リソースセンター

■関連のトーク・イベント(What's Up Outside)
1回目 6月2日(火) 12:35~13:15 リソースセンター
2回目 6月4日(木) 12:35~13:15 リソースセンター
3回目 6月10日(水) 12:35~13:15 リソースセンター

■問い合わせ先
法学部事務室

プログラム概要

秋学期の事前授業と春期休暇中の海外研修をあわせて受講し、アクティブ・ラーニングを通じて、多文化主義、人権、市民社会の問題について学ぶプログラムです。事前授業では、「先住民の権利」「難民・移民」「ジェンダーと性的多様性」の3つの研究分野について日本とオーストラリアの事例を中心に基礎知識を学び、自分の研究テーマを選んでリサーチを行います。春期休暇を利用したシドニー大学平和紛争研究センター(CPACS)での研修では、再び3つの分野についてオーストラリアの現状の理解を深め、さらにフィールドワークを通じてリサーチを続け、最終的にプレゼンテーションとレポートにまとめます。

 

■事前授業 秋学期(15週) 水曜6限
■海外研修(シドニー) 2016年2月18日(木)~3月7日(月) 予定
■研修先 ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)〔略称:UNSW〕、シドニー大学平和紛争研究センター(Centre for Peace and Conflict Studies, University of Sydney)〔略称:CPACS〕 など
シドニー研修の内容(予定)
・UNSW、CPACSにおける現地の専門家による講義
・アボリジニ(オーストラリアの先住民)のコミュニティ訪問
・難民への言語支援プログラムやアート・プロジェクトの見学
・マルディ・グラ・パレード(性的少数者支援のパレード)の見学 など
☆受講生は自分のテーマにあったフィールドワークを企画し、現地のNPO/NGO等を訪問して聞き取り調査も行います。また、研修先の期間に所属する大学院生がリサーチ等の助言を行います。  
■海外研修参加費用 約35万円を予定(往復航空運賃、宿泊費等を含む)(各種奨学金に申請可)
■応募条件 海外への渡航経験および上記の活動で求められる英語力*を有すること *TOEIC550点以上が目安です。
■応募受付期間 2015年6月1日(月)~6月11日(木)17:00まで リソースセンターに提出

前へ

次へ