NEWS

サセックス大学一行と両大学の交流・協力に関して懇談

2015年11月25日

 2015年11月19日(木)、イギリス・サセックス大学より国際学生募集推進ディレクター(社会科学分野)のチェリス・モーゼズ地形学教授、エミリー・シンクレア国際センター長、ジョージー・チェスマン国際協定担当官が多摩キャンパスを来訪しました。
 今年、本学はサセックス大学と協定を締結し、9月から交換留学生を受け入れています。本学からは、来年度に交換留学生(応募期間:12月1日~12月3日)を派遣する予定です。
 今回の来訪に際して、本学からは武石智香子副学長・国際センター所長/商学部教授、スティーヴン・ヘッセ国際センター副所長/法学部教授、増田桂子学長専門員/商学部教授が懇談に同席し、ジョイント・ディグリープログラム、デュアル・ディグリープログラム、教員交換といった両大学の交流・協力に関する今後の可能性について話し合いました。
 
サセックス大学
英国・イングランドの南部の都市、ブライトンにキャンパスを構える。美しい自然保護区の中に位置し、ブライトンの中心地からも近く、生活にも便利な場所にある。設立から50年が経過し、多くの専門分野において優れた教育と研究で国際的に高い評価を得ており、ノーベル賞受賞者も輩出。教育の質では、英国でトップ20位、ヨーロッパでトップ50位、また世界ランキングでも125位に入る。956人のアカデミックスタッフと13,800人の学生を擁し、120ヵ国以上の国から約3,500人の留学生が訪れ、勉学に励んでいる。スタッフの3分の1が英国以外の国の出身で占めており、国際色豊か。

前へ

次へ