• HOME >
  • ニュース >
  • タイ・タマサート大学のNoranit理事長一行が本学を表敬訪問

NEWS

タイ・タマサート大学のNoranit理事長一行が本学を表敬訪問

2016年07月20日

 2016年7月19日(火)、タイの協定校・タマサート大学のNoranit Setabutr理事長、Chuleeporn Keskowit助教授、Yingluk Kanchanaroek博士が、本学を表敬訪問しました。
 本学は2014年12月に海外拠点「中央大学・タマサート大学コラボレーションセンター」をタマサート大学タープラチャン・キャンパスに設置しており、教育や研究など多岐に渡る分野で活発な交流を続けています。
 今回の表敬訪問では、両大学のこれまでの交流を振り返るとともに、今後の交流について話し合われました。懇談には法務研究科教授・常任理事 大村雅彦、総合政策学部長 松野良一が出席したほか、タマサート大学より国費留学生として本学に在籍するSopakdithapong Ueakarnさん(法学研究科博士前期課程1年)、Tirangkul Pimolpanさん(法学研究科研究生)が通訳として同席。懇談のあとには昼食会が開催され、副学長・国際センター所長 武石智香子も参席しました。終始、積極的な意見交換がなされ、今後、一層の関係発展が期待されます。

前へ

次へ