05 REPORT

OECD Student Ambassador 2017-18 中央大学チーム活動中!

2017年08月25日

ABOUTUSAction-PlanEvents
News
■2017.06.27_中央大学の学生が、OECD Student Ambassadorに4期連続で任命されました!

About Us

 OECD Student Ambassador プログラムは、OECD(経済協力開発機構)東京センターが企画する取り組みです。
 若者たちのOECDに対する理解・関心を高めるために、2014年よりスタートしました。本プログラムでは、OECD東京センターより選抜された学生チームがOECD Student Ambassadorとして、所属大学を中心にOECDのPR活動を行います。
 4期目となる今回は5大学の学生チームが採用されました。2017年6月から2018年3月までの9か月間、学生たちが自らイベント等を企画してOECDを紹介していきます。
 中央大学からは5名の学生から成るチームが、OECD Student Ambassador プログラムのメンバーとして選ばれました。中央大学学生が任命されるのは、4期連続となります。
OECD Student Ambassador
2017-18
中央大学チーム
リーダー
三原沙也佳
(経済学部3年)
 
研究分野:経済学、FLP国際協力ゼミ(国際協力・途上国支援)
「持ち前の体力とハングリー精神を生かし、学生とOECDの架け橋として活動します! 国と国の関わり方、国際社会における日本のあり方を、OECDの現状や課題とともに、たくさんの方と一緒に考えていきたいです」
矢野紘太郎
(法学部3年)

研究分野:スマートシティ、サイバーセキュリティの国際法、サイバー戦争におけるスマートシティ、東南アジアの国際政治、EU 法
岩田夏実
(商学部3年)

研究分野:開発援助、FLP 国際協力ゼミ(国際協力・途上国支援)
「国際関係を学ぶにつれ、現状を分析し予測することに魅力を感じるようになりました。世界の利益をどう生み出すか熟考中です。これらの経験を生かし、 活動に貢献します!」 「高校時代から模擬国連に参加し、OECDの統計を利用。大学生こそ活用すべきと思うので、国際協力のレポーター活動で培った『伝える力』で、そのきっかけを作りたいです」
三浦真優
(商学部3年)

研究分野:貿易、流通
 
平田礼王
(法学部3年)

研究分野:中国語、リスク/セキュリティの政治、政治理論、開発援助、FLP国際協力ゼミ(国際協力・途上国支援)
「学内で開催されたOECDのセミナーに参加して、より感心が高まった経験があります。今度は私自身が広報に携わり、OECDを知ってもらえる色々な企画を立てたいです」 「募金活動や国際法学生団体での交流を通じ、貧困問題やアジア諸国内の格差、文化の相違を認識してきました。OECD学生アンバサダーとして、この経験を役立てたいです」

Action Plan

△クリックで拡大

OECDと学生の架け橋になる
 グローバル化が進行する日本社会において、学生はもっと海外に目を向けていかなくてはなりません。海外について考える機会は益々増えていくでしょう。それに伴い、信頼できる統計データを利用し、多方面から学んでいくことの重要性は増してくると考えています。今後の社会を見据えて、OECDはもっと多くの学生に活用されていくべきです。

 そこで、私たちは学生ならではの目線を持って積極的に活動し、OECDについて私たち自身が学ぶだけでなく、メンバーそれぞれが自分の考えを発信することで、周りの学生も巻き込みます。

 OECDやその役割、活用方法を、国際機関に興味がある人だけでなく、これまで関心のなかった人にも知ってもらう『OECDと学生の架け橋』になりたいと考えています。

Events

OECDに対する学生たちの理解を深めるため、キャンパスを中心にセミナーや講演会等、さまざまなイベントを開催する予定です。
イベント情報や実施レポートは、順次公開していきます。
『白門祭』にて、OECDの広報活動を実施(2017.11.02更新)
Topへ戻る

前へ