03 RESOURCES & CHANCES

夏季短期留学

◎夏季短期留学プログラム

・短期留学プログラムⅠ・Ⅱ(4単位)の場合
 本学における前期授業(15回)と夏季休業期間中の現地研修(3~4週間)に参加することにより、履修者に対し、当該年度前期の本学授業科目としての単位(4単位)を付与するプログラムです。

・短期留学プログラムⅢ・Ⅳ(2単位)の場合
 本学における事前研修(3回)、夏季休業期間中の現地研修(3~4週間)、事後研修(1回)参加することにより、履修者に対し、当該年度後期の本学授業科目としての単位(2単位)を付与するプログラムです。

 

(1)2015年度夏季 実施校 ※次年度は変更になる場合があります。

授業科目(単位数) プログラム名(国名)
短期留学プログラムⅠ(4単位)
短期留学プログラムⅡ(4単位)
ハワイ大学マノア校(SPAS)(アメリカ) ※新規開講
カールトン大学(アメリカ)
サンディエゴ州立大学(アメリカ)
カリフォルニア大学デイヴィス校(アメリカ)
シェフィールド大学(イギリス)
テュービンゲン大学(ドイツ)
エクス・マルセイユ大学(フランス)
短期留学プログラムⅢ(2単位)
短期留学プログラムⅣ(2単位)
ロンドン大学(イギリス)

*「Ⅰ・Ⅱ」、「Ⅲ・Ⅳ」の別について、1回目の参加は「短期留学プログラムⅠまたはⅢ」の履修となり、2回目の参加は「短期留学プログラムⅡまたはⅣ」の履修となります。また、同一大学のプログラムに複数回参加することはできません。

(2)参加要件
夏季短期留学プログラムは、原則的に2~4年次生に参加資格があります(二次募集を実施した場合のみ1年生も応募できます)。 ただし、プログラムごとの所定期間内に申込みを行い、その後の選考(面接・書類審査等)に合格しなければ参加することはできません。また、プログラムの留学期間によっては、所属学部の試験日程等との重複により、参加することができないプログラムもあります。特に、理工学部性が短期留学プログラムに参加を希望する場合は、必ず事前に所属学科の学習指導委員に相談してください。

(3)募集時期
派遣前年の12月頃~派遣年の1月頃

(4)応募時期
派派遣前年の12月頃~派遣年の1月頃

米国 カリフォルニア大学ディヴィス校への夏季短期留学を導入

2013年度より、米国 カリフォルニア大学ディヴィス校への夏季短期留学プログラムが新設されました。同校は、理工系に強い大学で、EST(English for Science and Technology)プログラムがオファーされていることも踏まえて、留学前の事前授業を理工学部生が学ぶ後楽園キャンパスで実施。これまで英語圏への短期留学プログラムの事前授業は多摩キャンパスのみでの実施だったため、理工学部生が参加しやすくなるというメリットがあります。

この他、ドイツ  テュービンゲン大学の事前授業は、多摩キャンパスと後楽園キャンパスの双方で実施されます。

お問い合わせ

中央大学 国際センター
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
TEL 042-674-2211
お問い合わせはこちら